トンネルが長く続く東北新幹線、八戸の先。
全く。。外が見えない。 

と待つことかなりの時間。
急に白い地面が景色を覆う。
東北へ来たのだな。北国へ来たのだな。
と実感しました。

 そうしているうちに新青森に着く。

新青森のホームに降りると。
さ、寒い。

肌を刺す寒さが顔にあたる。
ホームから見下ろす街は、真っ白。
東京では寒くなかったコートに寒さが染み渡る。。。
なるべく早く駅の中へ入らねばと、下の階へ。

また、下の階に降りると大きなガラス窓から、バスターミナルが見える。
バスターミナルにバスはいるのだけど、
バスより高く雪が積もって壁になっている^^;
それは、寒い。。。のは当たり前だ。
と妙に納得して改札へ。
その前に、
しっかりお土産は必要だろうと、駅のコンコースの中のお土産コーナーへ。
明後日から新しい会社でネタにするためには、青森と、鹿児島のお土産を両方持っていかないといけない、もちろん、家族にも。
でも、時間は1時間ちょっと。もう15分過ぎてしまった^^;
なかなか、これぞというお土産が見つからない。
りんごジュース、これはよい。。。 

ん?? 

でも、これから鹿児島へ行って、東京へ戻るとなると、かなり重いし、割れたら大変だ。 

これもダメ。。。
見ながら刻一刻と時間は過ぎて行く。
もう、えいっと買ってしまったのが、りんごパイ。
まぁ、これで良いだろう。と。 

お土産の袋を持って、少し時間があったので、駅の中を歩いていると、やはり、寒い。駅の中なのに、ひんやりしている。
それはそのはず、外は雪の壁、
青森の3月。 

春はまだ遠いようです。

そろそろ、本当の出発の時間になった。
これから一路南へ、鹿児島へ。

 きたぜ東北!
行くぜ鹿児島。

今日中に!

  

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です