稚内から羽田まで、少し遅れ、

でも、那覇まで、余裕を持った乗り継ぎで、それほど焦らず。

の、はずが、那覇行きの便の機材到着遅れ。

さらに、

   

遅れは大きくなり、なんと20分遅れ。。。

那覇ー石垣の飛行機の出発は、19時10分

那覇までは、2時間30分。

乗り継ぎに約30分は欲しい。

計算すると、

間に合わない??

これは汗が出ます。。。

ここで、小さい頃からの飛行機搭乗経験を活かし、

グランドスタッフの人に、

“那覇の次に石垣へ乗り継ぎをします。那覇の出発時刻が18:10なので遅れがこれ以上出たら、間に合わないかもしれないがどうしたらよいのでしょう?”

と、協力を求めます。

さすが、羽田のグランドスタッフさんが

急いで、那覇の空港のグランドスタッフさんへ連絡、客室乗務員にも連絡、

席を入り口の近くに変更してくれたようです。

そして、搭乗。

ドアがクローズ。

ここで、20分遅れ、天候は雨、離陸待ちの飛行機も多く、さらに遅れる可能性も。

でも、もう乗ってしまった以上もうどうすることもできません。

とはいえ、心は全く落ち着かない状態です。

後ろの外国人のグループが(多分大声で)おしゃべりをしているのを聞いていてもあまり気にならなかったほどですが、

客室乗務員の方が何度か注意はしていたようですが、”とにかく間に合って欲しい”の一心で、全く気にならず。。。

ちなみに羽田ー那覇の唯一の写真です。  

客室乗務員の方が”席を変わりますか?”と私に聞いてきましたが、

“次の乗り継ぎに間に合わないかもしれないので、あえて扉のそばに席を移してもらったし、気にならないので大丈夫です。”と私。

すると、”では、もっと出るのに時間のかからない席が前の方にありますが。。。”と、客室乗務員の方に言われ、”それならば。”と、前の方の席へ。

プレミアムクラスの真後ろの席でした。

窓側ではないので迂闊に写真も撮れず。。。とはいえ、何よりも少しでも石垣行きの便に間に合うことが大事です。

石垣に行けなければ、この企画は、その時点で、終わってしまいます。

とりあえず、どうにもならないので、

機内販売のカニ雑炊を食し、(実はここでお昼だったりします。)

コンソメスープをいただき、

機内誌を広げ、イヤホンで毎度のJ-POPの番組を聞き、

いつもの通りの飛行機での時間の過ごし方を。

(外の写真を撮るという行為はありませんが。。。)

そうこうしているうちに那覇へ。

プレミアムクラスの搭乗客のすぐ後に、出してもらい、

ゲートでは、かりゆしのグランドスタッフさんが待機しており、ボーディングブリッジを一緒にダッシュ。

後ろからチーフパーサーらしき女性の声が。

“間に合いますように!”

と。

ボーディングブリッジをダッシュしながら、グランドスタッフさんが、

“荷物のお預けはありませんか?”

私:”ありません。”

で、ボーディングブリッジを抜けると、

次に乗る飛行機の担当会社のグランドスタッフさんが待っており、

“これでよろしいですか?”

次の飛行機のチケットを発券しておいてくれたのです。

本来、乗り継ぐ航空会社が違うので、一回出て発券する必要があったのです。

そこで、ボーディングブリッジを降りたすぐ先で手続きを済ませ、なんとか搭乗できそう。。


実は次に乗る飛行機も遅れており、少し、余裕があった。

ということでした。。。

非常にラッキーでした。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です